勤怠管理システムの基礎

当サイトでは勤怠管理に関する情報を発信しています。
大手企業ではすでに独自のシステム等が構築されている場合がほとんどですが、ベンチャー企業ではシステムが整っていない場合があります。
そのような企業のために参考になるような勤怠管理のしくみや活用方法、導入するメリットなどを取り上げます。
うまく活用することできちんとした管理や役員の負担を減らすことにもつながるため、導入を検討しているベンチャー企業は必見です。

ベンチャーで重宝される勤怠管理

ベンチャーで重宝される勤怠管理 従業員を雇う場合、給与計算などを行うために勤怠管理を行う必要があります。
大手企業では独自のシステムが構築されていることがほとんどですが、ベンチャー企業はシステムが整っていなかったり、導入されていかったりすることが考えられます。
そこで重宝されるのが簡単に低価格で導入できる勤怠管理システムです。このシステムを取り入れることによって今まで手書きで行っていたものがデータとして管理されることとなり、ケアレスミスが起こりにくくなります。
また手計算の手間も省くことができるため作業を効率化させることができます。
そのため独自のシステムを構築するのが難しいベンチャー企業にとって低価格で導入できる勤怠管理システムは重宝されます。

勤怠管理とフレックス導入のメリット

勤怠管理とフレックス導入のメリット 一般的に会社は出社や退社時間や休憩時間、休暇や休日の日数など働く時間に関して決まりごとがあります。
従業員が時間を適切に守っているかを管理するのが勤怠管理です。
なぜ勤怠管理をするのかは、労働基準法や適切な残業代の支払い、働きすぎの防止など色々な理由があります。
一方、近年注目されているのがフレックス導入です。これは自分で勤務する時間を決める制度のことです。
といっても必ず勤務する時間のコアタイムと選択によって勤務できる時間帯のフレキシブルタイムがあります。
これも自由に時間を選択できるわけではなく、管理責任者と従業員の間で一定時間における労働時間の総計を決めています。一般的に1ヶ月単位で総労働時間を決めることが多いです。
例えば1ヶ月の総労働時間を160時間としたら、1日は従業員の選択で労働時間を決めることが出来ますが1ヶ月の労働時間は合計で160時間になることを目標に働きます。
フレックス導入を行うと通勤ラッシュを避けることが出来たり、子供を保育園などに送ってから出社できることや、早めに退社をして役所や銀行など用事を済ませることが可能なので、仕事と生活の調和を図りやすくなります。
また、労働時間の束縛からも精神的に解放されます。
従業員が気持ちよく働けるので仕事の効率も上がりやる気などもアップします。
会社にとってもメリットは高く求職者から人気も出て優秀な人材を獲得しやすくなるといわれています。

勤怠管理システムに関するお役立ちリンク

日々の勤怠管理のお悩みを解決する勤怠管理システムのサイト

勤怠管理の効率化